Unityライブバックナンバー振り返り2ヶ月目

ほとんど一人ぼっちで1ヶ月配信をしてましたが、多少は動きに変化が出始めた頃。とりあえず声を出す意識を持ち出した頃ですね。

この期間に行っていた配信内容を振り返って見たいと思います。

2020年7月にやったこと

 

ハクスラ少女のアンドロイド版をリリース

7/1の配信ではどうやらハクスラ少女のアンドロイド版をリリースしたらしく、その紹介をしてました。ここしばらくリリース作業をしたのが片付いた模様。

その後はUdemyに無料の講座(コース)を開設したのでそれをエゴサしてました。恥ずかしいわ・・・

配信の視聴回数が1のままですが、めげずに喋ってましたが音割れしてるのがちょっとよろしくない。

2Dのアクションゲームの資料作成を始めた

アプリのリリースが終わったところで、次の配信ネタとして、2Dのアクションゲーム制作について資料作成を開始しました。アクションゲームは何かと使い勝手が良いので、資料としても用意しておくに越したことはないですからね。

サイドビューのシンプルなアクションゲームを作っていました。

ゲーム制作の資料も意識して、各ステージごとに1つずつ要素が増えていくようにしています。作りながら徐々に機能を足していくのは悪くない気がする。

ちなみに作っていた2Dのアクションゲームのプロジェクトはこちらのリポジトリから利用することができます

https://github.com/everystudio/udemy.2daction

6月になってようやく質問が来る

やりはじめて1ヶ月以上経過して、ようやくコメントが来るようになりました。

来たのは3人ほどですがやや複雑な心境。3人の内の2人は、実はちょっと知ってる人でした。一人は見てわかる人で、もうひとりは後で本人だとわかりました。まぁそれでも質問とかしてくれるだけで嬉しいもんですけどね。

そして、その中でも積極的にコメントをくれたのがキングフィッシュさん(当時は違ったような?)です。いずれの人もUnityの勉強方法についての質問がとっかかりになっていて、具体的にUnityの何かの問題を解決したい、というものではありませんでした。

回答内容がほとんど同じになっていたのが良くなかったかな?とか思いつつ、質問してくれた人に対してそれぞれ返答させていただきました。

ちなみに1ヶ月以上なーんも質問とか来なかったので、ほんとに嬉しかった。

 

キングフィッシュさんの質問と配信の方向性が見えた瞬間

さて質問頂いた中で、キングフィッシュさんは質問以外にもいろいろとコメントして頂けました。簡単にまとめるとこんな感じ

  • Unityを使ってトップダウンのシューティングゲームを作ってみたい
  • Scratchを使ってゲームを作ったことがある
  • Webのソースをコピーしてプログラムを動かしてみたけど内容はわからない

という感じだったと思います。

ここで今まではなんか自分用の資料を作ったりしていたのですが、せっかくなら作ってみたい・興味のあるゲームを配信で触るといいのかな?と思いました。

キングフィッシュさんはトップダウンのシューティングゲームに興味があるみたいだったので、作っていたアクションゲームをそこそこにしつつ、トップダウンシューティングの制作にとりかかることにします。

 

UnityAssetStoreで購入したテンプレートを利用する

ということでトップダウンシューティングを作成することに成りましたが、そこまでノウハウはないのでどうするか悩んだところ、UnityAssetStoreを利用することにしました。

そこで今回利用したアセットがArena Battle Starter Kitを利用することにしました。

テンプレート使うと簡単にゲームが作れるってことよく言われますけど、実際に触ってみるとそんなことないよね?ということで実際にアセットを使うとどのぐらいプログラムに手を入れたりしないといけないかや、変えるためにはどんな作業が必要かなどを配信で行うことにしました。

何気なくやってみましたが、これ自分にもいい勉強になるので色んな意味でいい方向性が見つかったと思います。

ちなみに最初に着手したArena Battle Starter Kitは、次回の配信振り返りまとめ(トップダウンシューティング編)にまとめたいと思います。

 

 

配信一覧まとめ

この期間の配信の簡単なまとめ内容とその一覧をリストにまとめました。そのうちチャンネルからは隠す予定なので何か見たいという方はこちらからどうぞ。

配信回 配信日 簡単な内容
#18 2020-07-02(木) ハクスラ少女リリース作業終わり
Udemyに動画公開したのでその告知
2Dのアクションゲームを制作開始
#19 2020-07-03(金) sskさんがチャットに現れた
本とか使って勉強したら良いですよって感じの話をしました
資料作成でメモを取ってました
#20 2020-07-06(月) 配信開始時に質問の受付をしているというコメントを初めて打ちました
資料の方はアニメーションとかそのあたりを作成
#21 2020-07-07(火) ゴールの演出とかを作ったり
ゴール用のアニメーションも作成
#22 2020-07-09(木) ジャンプ系の処理を実装
#23 2020-07-10(金) 鍵とロックの機能を追加
#24 2020-07-13(月) 鍵系の処理とUIを絡めた機能を追加
#25 2020-07-14(火) 珍しく再生数が2桁
敵キャラを追加
SEIKOさんが質問に来ました。
– UnityやC#のおすすめの勉強法教えて下さい
#26 2020-07-16(木) キングフィッシュさんがやってきました
キャンプファイアーのコミュニティ情報からUnityライブに来た模様
Scratchで作ったゲームを遊場せてもらいました
#27 2020-07-17(金) ゲームオーバー処理を実装
#28 2020-07-20(月) キングフィッシュさんのご希望でトップダウンシューティングのゲーム制作を開始
アセットを購入してソース解析など(Arena Battle Starter Kit)
#29 2020-07-21(火) アセットの解析を進める
キングフィッシュさんがやってきた。ヒエラルキーを利用したキャラ追従するカメラ制御を実装できたらしい。途中Githubについて少し話をする
#30 2020-07-23(木) アセット内のアニメーション制御関連を触る
#31 2020-07-24(金) Bolt無料化スペシャル
なんかBoltがタダで使えるようになったので、配信で利用することに
#32 2020-07-27(月) キングフィッシュさん、単振動のプログラムについて質問。
#33 2020-07-28(火) Lightmap関係の処理。ライトのBaked関連の処理。
#34 2020-07-30(木) トップダウンシューティングのルール的なものを追加
クリアしたりする条件がなかったのでその追加。
敵側のAIに不具合とかが見つかってその対応なんかも始める
#35 2020-07-31(金) ゲームオーバーの処理など
デバッグ作業もし始めてます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です